「チーム医療」と専門職の役割とは

看護・医療・保険学部系統では、病院や診療所などの医療期間で活躍する様々な医療専門家を育成しています。
看護という行為を通して患者を支える看護師、放射線やCT(コンピュータ断層撮影)、MRI(核磁気共鳴映像法)などにより病巣を撮影する診療放射線技師、血液、心電図、脳波などを検査して診断・治療の基礎データをつくる臨床検査技師、手術後、病院治療後のリハビリを担当する作業療法士理学療法士言語聴覚士視能訓練士などがその代表だが、それぞれの医療専門職(メディカルスタッフ)が医師を共にチームを組んで患者のために働くというのが「チーム医療」と言われる考え方である。

単に医師の指示を受けて動くのではなく、たとえば診療放射線技師や臨床検査技師の技術的視点、あるいは患者と接する時間の長い看護師としての視点などに基づく各スタッフの意見を、対等な発言権をもって伝え合い、集団的な取り組みをしていくことが「チーム医療」の目的である。

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい