よくある質問

看護師の大学、専門学校に進学する際の受験対策

Q 看護大学と専門学校の違いはなんですか?

A 看護大学と看護専門学校はカリキュラムに大きな違いがあります。
看護大学は、4年制だからこそ、幅広い分野を学ぶことができます。また大学院に進学し、さらに学び続けることも可能です。
また、看護師のほかに保健師や助産師の国家試験受験資格が同時に得られるカリキュラムになっているというところです。
保健師や助産師は、看護師の資格がないと取得することはできません。 
看護専門学校は、3年制で学習時間の3分の1が看護実習と言われるほど、実習が多いことがカリキュラムの特徴といえます。
実習を多く経験できることは、卒業してから病院などの現場で働き始めた時に、即戦力となれる強みがあります。
看護専門学校は学費が安い傾向にあります。
学費をあまりかけたくない、実務を優先して身につけたい、早く看護師になりたいのであれば、専門学校を選ぶとよいでしょう。

Q 学校選びのポイントはなんですか?

A 看護学校を選ぶ際には、 
・専門学校(3年制)と看護大学(4年制)の違い 
・保健師や助産師の資格も取得したいのか 
・自宅から通学できる範囲にあるか 
・学費 
・付属病院の有無 
・卒業後の就職状況 
・国家試験合格状況 
・実習先 
・就職後のフォロー体制 
など様々な情報を総合し、何を重視するのかをしっかり考え、自分に合った学校選びをしましょう。

Q 平均的に何校くらい受験しますか?

 A 平均的には4~5校前後となります。
中には10校近く受験する方もいますが、様々なレベルの学校を4~5校くらいは併願で受験することをお勧めします。

Q 浪人生でも、推薦制度を利用して入学することはできますか?

A 推薦入試には大きく別けると①指定校推薦②社会人推薦などがあります。
①の指定校推薦は現役生のみとなっており、②の社会人推薦は基本的に社会人のみ(学校によっては現役生も利用可)が受験可能です。
その他にも学校によっては、地域指定推薦などもあるため、事前によく調べる必要があります。

Q 看護師と准看護師では、実社会に出た時に仕事内容や優遇は変わってくるのですか?

A 看護師と准看護師の基本的な仕事内容は変わりなく、やりがいを持って働けることに違いはありません。
しかし、給料に関してはやはり看護師よりも准看護師の方が低い傾向にあります。
特に、勤続年数を増すごとに差が大きくなるといわれています。

Q 受験勉強は1日何時間くらい勉強すれば良いですか?

A 必要な勉強時間には「個人差」があります。最低でも3時間は集中できるよう「脳」を鍛える必要があります。
受験勉強においては「結果」=「質」×「量」です。

Q 理系科目が苦手ですが、看護師になることは可能ですか?

看護師になるための勉強は看護学校に行ってから始めるため、苦手意識を持たずに取り組んでいきましょう。

Q 過去問題を解いてみたところ、解けませんでした。志望校を変えた方がいいでしょうか?

A 過去問題を解くことは、とても大切な勉強で合格するためには欠かせません。
しかしそれは合否を見極めるためではなく、受験の出題傾向を見極めるためです。
ですから、過去問は志望校を変えたり、看護師をあきらめる必要は全くありません。

Q 小論文と作文の違いはなんですか?

A 作文とは感情の文章です。自分が体験したことに対してどう思ったか、感想や感情を表現した文章になります。
それに対して小論文は、与えられた課題に対して自分の答(=意見)を述べ、その意見がなぜ正しいのかを客観的な根拠や理由を挙げて論理的に述べるものです。
入試の「小論文」では3つのポイントが重要になります。
①自ら研究テーマを見つけ、それを調査・分析し自分で考えているか
②論理的に考え、表現できているか
③自分が行きたい学部・学科の学問についてよく考えているか

Q 面接練習は何をすれば良いですか?

A 面接のスタイルも学校によって様々です。まずは志望校の面接形式がどんなものかまず調べましょう。タイプによって準備のポイントも異なって来ます。
①個別面接(面接時間 5~20分位)
受験者1人に対して面接者が1人または数人という形式で、多くの学校で実施されています。
素直に自分の志望動機、勉学意欲や長所をアピールしましょう。
②集団面接(面接時間10~30分位)
数人の受験者がいっしょに面接を受けるものです。ほかの人への質問だと思っていると急に「あなたは?」と聞かれたりします。
人の話も注意して聞くことが大切です。
③討論型面接(面接時間10分~20分位)
受験生(7~10名)がグループになり、与えられたテーマでディスカッションをし、意見を述べるものです。
指導力、積極性、協調性などがチェックされます。
相手の意見を認めながら自分の主張を論理的に話す態度が必要とされます。

スクールiEへの質問

Q いつから入塾できますか?

A どのタイミングからでも入塾は可能です。
 月途中のご入塾の場合は日割り月謝となります。

Q 入塾テストはありますか?

A 入塾テストはございません。
 学習状況をご相談の上、合格までのスケジュールや、授業日程を決めて行きます。

Q 担任制と聞き、講師との相性が心配です。講師の変更はできますか?

A 可能です。相性が良くないと感じた場合はお気軽にご相談下さい。
 女性や男性の講師希望なども受け付けております。

Q 曜日によって4週の月と5週の月がありますが、1ヶ月の授業料は同じですか?

A スクールIEでは、毎月4回の授業を行っているため授業料は変わりません。
 月によっては第5週目がありますが、通常授業は行わず祝日などの振替対応日となります。

Q 車で通うことはできますか?

A 可能です。教室に専用駐車場がございます。

Q 面接指導や小論文対策はありますか?

A 自信がつくまで何度でも指導致します。
 生徒さん一人ひとりのカリキュラムで、その志望校に合わせて対策を行います。

Q 学力に不安があります。何から始めれば良いのか分からない。

A ご安心下さい。
 個別指導スクールIEの受験対策では、目標や志望校の出題傾向に合わせた志望校別対策など、十分な対策を行うことができます。
 その他にも面接練習や、論文対策も行いますので、ご不安な点はお気軽にご相談下さい。

Q 推薦入試にも対応していますか?

A 推薦入試にも対応しております。
 高校の評定を取るためにも各科目の対策を行なっております。
 不安な科目や単元がございましたらお気軽にご相談下さい。

Q 社会人の方も通っていますか?

A 現在通塾頂いております生徒さんは、学生から社会人の方、主婦の方まで幅広くお通い頂いております。
 授業の時間帯もご相談の上でご希望に合わせて決めていきます。

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい