基礎を固める事が大事!

合格者
  N.Iさん
  スクールIF熊谷中央校
  順天堂大学・保健看護学部・看護学科/合格
  東京大学付病院の看護師

1.受験勉強で頑張ったこと

受験勉強はまず基礎をしっかり固めました
看護大学の入試は応用問題より基礎問題を出してくるところが多いのが特徴です。
そのため、基礎問題で差がつかないように反復して繰り返し勉強しました。
 
そのあと、応用問題と看護大学の過去問を解くことで、自分の苦手な単元をピックアップしました。自分は目標がないとダラけてしまう性格で、スクールIE深谷校の先生はそこをとても理解してくれていたので、
1.「毎日の目標」を作成
2.先生に報告
3.帰り際に達成の報告をすることで二人三脚で最後まで一緒に走り抜きました!

看護師という仕事は時間との勝負です。常にメリハリを意識して勉強して下さい。

2.今頑張っている受験生へのメッセージ

毎日の計画を立てて、勉強するときは全力で勉強して、息抜きするときは全力で休むという切り替えが大切だと思います。
勉強についても、「何となく進める」というのが一番良くありません。
自分で「やり切った」「ここは出来る」と思えるところまでやり抜いて自信が持てるようになった上で進んで下さい!
勝負を決めるのは「絶対受かってやる」「志望校に合格してやる!」という強い想いです!それは看護師になってからの「絶対助ける」という想いを持つことと同じです。自分とスクールIE深谷校を信じて頑張って下さい。

3.看護師という仕事について良かったこと

看護師は、毎日忙しくて人の命を扱う大変な仕事であるため辛いことも多くあります。
しかし、その辛さは看護師という仕事のやりがいの大きさに比例していると私は思って日々頑張っています。
元気に退院して行く患者様を見たり、感謝の言葉を患者様からもらったときにはこれ以上ないやりがいを感じます。
本当の意味で「感謝」されるためには、本当の辛さが伴います。それを実感できることが看護師の素晴らしさであり、やりがいです。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
 

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい