看護師・准看護師を目指すパターン!

看護師になるためには

看護師になるためには、国家資格である「看護師資格」が必要です。
看護師の資格を取得するためには、下記のいずれかの要件を満たす必要があります。

文部科学大臣指定の学校を卒業する事

厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業する事

それにより看護師の国家資格の受験資格を得る事が出来るようになり、看護師国家試験に合格しなくてはなりません。

看護師を目指す人で、1番多いパターン

高校を卒業後、法律で定められた養成施設である「看護専門学校(3年)」「看護大学(4年)」「看護短期大学(3年)」のいずれかを経て、看護師国家試験に合格をして看護師になるのが一般的なルートです。
各学校で看護スキルをしっかり学び、卒業さえできれば看護師国家試験の受験資格を自動的に得ることができます。
現在、全国の医療機関で多くの看護師が活躍していますが、ほとんどの看護師は、このパターンで勉強し看護師の仕事に就いているのが現状です。
 

一日も早く准看護師として活躍したいと考えている人には

中学を卒業後、「准看護学校(2年)」「高等学校衛生看護学科(3年)」「5年一貫制高等学校(3年)」のいずれかを経て、准看護師試験に合格をして准看護師になるのが最短のルートです。

このような学校を卒業すると、准看護師試験の受験資格を得ることができます。
また、看護師と准看護師の基本的な仕事内容は変わりなく、やりがいを持って働けることに違いはありません。
しかし、給料に関してはやはり看護師よりも准看護師の方が低い傾向にあります。
特に、勤続年数を増すごとに差が大きくなるといわれています。

社会人から看護師を目指す人には

まず、社会人から看護師になるには看護学校に入らなくてはいけません。
選択肢としては、「看護専門学校(3年)」「看護大学(4年)」「看護短期大学(3年)」を経て、看護師を目指すか、
または「准看護学校(2年)」を経てから准看護師を目指す方法です。
また、学校によっては、社会人は受験できないところや、大学卒業者であれば2年生に転入できる看護大学もあるため、事前の情報収集が必須となります。

准看護師から看護師になるためには

准看護師から看護師に進むことも可能です。
もっとも最短で准看護師から正看護師になるのは「高等学校衛生看護科(3年)」「看護短期大学(2年)」「看護学校(2年)」のいずれかを経てから、看護師国家試験に合格をして看護師にまります。高校を卒業してから看護学校(3年)に行くよりも1年早く看護師の免許が取れます。
看護短期大学(2年)」「看護学校(2年)」に通う方法なら、看護大学と同じ4年で国家試験受験資格が得られます。
その他には、2004年より、10年以上の臨床経験を持つ准看護師に対し、2年間の通信教育で看護師国家試験資格が得られる「看護専修学校(2年)」が設けられました。これにより、長年医療機関で働き、経験と技術を持ちながらも、給与面などで十分な待遇を受けることのできなかった准看護師に、キャリアアップの機会が与えられるようになりました。

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい