看護職の種類について

一言で「看護師」と言ってもいろいろな種類がある事をご存知でしょうか?
「看護師になりたい。でも、看護師の種類についてまだよくわからない」そんなあなたのために看護師の種類についてお伝えします。

「看護職」の分類

看護師

看護師は、病気や怪我で入院している患者様のお世話や医師の診療活動の補助、ご家族への治療についての指導などの看護活動を行います。
看護職員の現状(看護職員就業者数の推移・年齢階級別就業場所・離職率比較など)→(厚生労働省-Adobe PDF)
・必要な資格:国家資格

准看護師

准看護師は、医師、看護師の指示に従って患者様の看護や診療の補助を行ないます。
看護師と准看護師の基本的な仕事内容は変わりませんが、給料に関しては看護師よりも准看護師の方が低い傾向にあります。
・必要な資格:都道府県知事資格

助産師

助産師は、女性しかなれない職業である点に特徴があります。
妊婦の健康管理、食事・運動の指導だけでなく、出産後における体調管理、母乳指導、乳児指導などの育児指導を行います。
妊娠から出産、育児まで、母子の健康・安全を図るための管理・指導活動を行うのが助産師です。
また、助産師は正常分娩であれば医師の指示無しに、自身の判断で助産介助ができる点では、医師に近い存在です。
・ 必要な資格:看護師の国家資格 / 助産師の国家資格

※助産師になるためには?
看護師免許を取得した上で、1〜2年助産師教育機関で学び、助産師国家試験の受験資格を得る必要があります。
助産師教育機関で学ぶ選択肢には以下の6つがあります。
 助産専門学校に進む
 助産課程のある大学院や助産専門職大学院に進む
 大学の助産学専攻科に進む
 助産課程がある大学で選抜試験に合格し単位を取得する
 助産課程の大学別科に進む
 短期大学の助産学専攻科に進む

保健師

保健師は、保健所や会社、学校などの場所で、健康管理や病気の予防、保健指導を行います。
看護師は病気や怪我をしてしまった後の看護が仕事であるのに対し、保健師は、子供からお年寄りまでの多くの人が「病気にならないように指導すること」を仕事とします。
・必要な資格:看護師の国家資格 / 保健師の国家資格

※保健師になるためには?
保健師になるためには以下の3つがあります。
 大学の看護系学部で保健師になるための学科を専攻する
 看護師と保健師の統合カリキュラムを採用した看護専門学校(4年生以上)に進む
 看護養成所または看護大学や短大を卒業して看護師国家試験に合格する。その後、保健師養成課程の専攻科を持つ短大あるいは保健師養成所に1年以上通う。

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい