社会人入試の対策




社会人入試は、学科試験を免除し小論文や面接を実施する学校が多いので、受験の際の負担は軽くなります。
しかし倍率の点から見ても一般入試以上に合格することが難しい入試となっています。
選考段階において経歴以上に大切なのは、志望職種への意識と本人の人間性です。社会人入試の面接で一番問われるのは「なぜ、今の仕事(学校)を辞めてまで、この分野を目指すのか?」という点です。
今までの経歴を踏まえ、これから目指す職業への志望理由を明確に伝えることが重要です。社会人として得たものや身につけたことなどを上手く踏まえながら、自分をアピールできるように心がけましょう。
小論文も同様に、社会人としての視点での意見が求められます。高校生と同じような論点ではかえって評価が下がってしまいます。
自身の経験を踏まえて、出題者の意図を汲み取った内容になるように心がけましょう。
学力試験を実施する場合は、基本問題が多いので、ある程度の得点が必要です。英語や数学が出題される学校は準備をして臨みましょう。
また、大学の2年次編入で出題される英語のレベルは非常に高い場合があります。聖路加国際大学や北里大学(看護)では一般入試問題並みかそれ以上の英語力が必要です。長文読解を中心に英語力がつく対策をしていきましょう!

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい