私立大学が「看護学部」の増設・改組を進める理由

新増設学部の中心は「看護学部」

私立大学の学部等の増設予定では毎年「看護学部」が登場しています。
18年度も常磐大学・和洋女子大学・駒沢女子大学などで看護学部新設を予定されています。

なぜそこまで、看護学部の増加を急ぐ理由があるのでしょうか?

この25年程の間に、看護系学部を持つ大学の数と定員は激増しています。
1992年に、高齢化による看護師不足を受け、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」ができ、文部科学省は「看護系大学の設備・充実をいっそう推進して行く必要がある」と発表をしました。
以来、看護系学部と定員は増え続け、2006年度には定員が1万人を突破。
最近ではすでに2万人を超えるまでになりました。

そんな看護系学部が急増する背景には、高学歴看護師のニーズがあると言われています。
さらに団魂世代が75歳以上になる2025年には、現在よりも約50万人多い200万人もの看護職が必要だと言われています。

これが、看護系大学の増え続けている理由です。
ますます看護師の需要が高まるというわけです。

18年度 看護学部増設・改組を予定している主な大学

常磐大学

和洋女子大学

駒沢女子大学

東海大学(医学部看護学科)

東京医療保健大学(千葉看護/和歌山看護)

名古屋学芸大学

関西医科大学

西九州大学(地域看護)

スクールIEはこんな悩みを解決します!

◆受験情報詳細を知りたい
◆受験のための費用を知りたい
◆テキストについて知りたい
◆費用について知りたい